2009年03月31日

タワーリング・インフェルノ(1974)

tower2.jpg


タワーリング・インフェルノ(1974)



出演

スティーブ・マックイーン
ポール・ニューマン



サンフランシスコの新名所、138階建のグラスタワー落成式が

催された。だがその真っ只中、

81階の備品室で電気系統の故障によりボヤ火災が発生した。

設計者のロバーツ(ポール・ニューマン)は

オーナーのダンカン(ウィリアム・ホールデン)に

落成式を直ちに中止するよう進言するが、

ダンカンは全く耳を貸さない。

そうしているうちに火災は序々に広がっていった。

消防隊のオハラハン隊長(スティーブ・マックイーン)は

決死の救出作戦に出る。

tower.JPG



この作品の2年前に「ポセイドン・アドベンチャー」が

制作されています。

70年代に流行したパニックムービー

エアポートシリーズや「大地震」などがあります。

スティーブ・マックイーン、ポール・ニューマンという

2大スターの競演もあって大ヒットしました。



無事に救出を遂げるのですが

その中にとても良い人の犠牲者が必ず出ます。

それがいつもちょっと悲しいんですよね。


posted by アリス at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の映画鑑賞 た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

エリン・ブロコビッチ(2000)

エリン・ブロコビッチ(2000)                  DVD




出演

ジュリア・ロバーツ
アルバート・フィニー



エリン・ブロコビッチ(ジュリア・ロバーツ)は

窮地に立たされていた。

erin.JPG

3人の幼い子供を抱えているというのに、

仕事がない、お金もない。

教育も受けていない身では就職活動もままならない。

そんな折も折、車の衝突事故にあって負傷

裁判では大負け、賠償金も貰えずじまいと

踏んだり蹴ったり

お先真っ暗になったエリンは、

事故の時の担当弁護士エド(アルバート・フィニー)

の法律事務所に押しかけ、

事務員として雇ってもらえることになった。




これも実話を元にした映画です。

何度見ても清々しい気分にさせてくれます。

正義は勝つのだ!

いやな世の中ですが、希望は捨てないで


就活中の方も、こんな仕事に出会えれば

きっと見つかりますよ。頑張りましょうわーい(嬉しい顔)


posted by アリス at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の映画鑑賞 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集団左遷(1994)

日本映画も紹介していきます。


集団左遷(1994)               DVD



出演

柴田恭兵
中村敦夫
津川雅彦
高島礼子


バブル絶頂期に抱えた大量の不動産物権並びに余剰人員により

企業経営の危機に瀕していた太陽不動産では、

副社長である横山(津川雅彦)の提案により、

大胆なリストラ計画が実行された。

「首都圏特販部」という新規事業部を創設、

そこに50人の余剰人員を送り込み、

達成不可能な販売目標を課して

人員削減を図ろうというものであった。


sasen.JPG


タイトルが日本らしいというか

ちょっとベタな感じですが

なかなか面白かったですよ。


何といっても

柴田恭平は本当にいつもカッコ良いのでした。

リストラなんかに負けないで、頑張りましょう

の応援も込めて




posted by アリス at 17:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 本日の映画鑑賞 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。