2009年03月14日

愛と青春の旅だち(1982)

love.jpg


愛と青春の旅だち(1982)


出演

リチャード・ギア

デブラ・ウィンガー

ルイス・ゴセット・ジュニア(1982年度アカデミー助演男優賞)



廃頽的な生活から脱出すべく、

ザック・メイオ(リチャード・ギア)は

海軍士官養成課程に入校する。

そこで待ち受けるのは海兵隊軍曹の

鬼教官フォーリー(ルイス・ゴセット・ジュニア) 


そして過酷な13週の訓練が始まった

ある日、市民との懇親パーティーに出席し

製紙工場の女工、ポーラ(デブラ・ウィンガー)と知り合う。


ザックは相変わらず誰にも心を開かず

仲間に溶け込むこともなく過ごしていた。

そんなザックにフォーリーはしごきを科し

任意除隊を迫る。





やっぱりそうかのラストで

現実はこうはいかないだろうですが

これでこそ映画なんです。

映画くらいはハッピーエンドでね。



では、感動のラストシーンを





DVDはこちら     サントラはこちら

posted by アリス at 10:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 本日の映画鑑賞 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

摩天楼<ニューヨーク>はバラ色に(1986)


摩天楼<ニューヨーク>はバラ色に(1986)          DVDはこちら




出演

マイケル・J・フォックス
ヘレン・スレイター
リチャード・ジョーダン
マーガレット・ウィットン


実業界での成功を夢見て田舎からNYにやって来た

ブラントリー(マイケル・J・フォックス)は、

彼の(かなり遠い)親戚に当たる人物を頼って、

巨大企業に足を踏み入れる

n-3.JPG


フォスターの熱意に押されて、

叔父で社長のプレスコット(リチャード・ジョーダン)は、

集配係の仕事を与えた。

   n-1.JPG


ある日、社長夫人ベラ(マーガレット・ウィットン)

を自宅に送り届ける事になりすっかり気に入られてしまう。

ただその事を利用して出世しようとは思わなかった。

     n-4.JPG

そして、ホワイト・カラー達への情報を

いち早く手に入れる事を利用して

重役になりすます事に成功する。


            n-2.JPG



     n-6.JPG


こんなアメリカン・ドリームなら大歓迎

何も考えずに観るのが一番ですね。


80年代は良い時代だったかしらね〜

明るい映画が多いような




DVDはこちら



posted by アリス at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の映画鑑賞 ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

リーサル・ウェポン3(1992)

リーサル・ウェポン3(1992)


出演

メル・ギブソン
ダニー・グローヴァー
ジョー・ペシ
レネ・ルッソ



ロス市警の刑事マーティン・リッグス(メル・ギブソン)と
彼と長年のコンビを組むヴェテラン刑事
ロジャー・マータフ(ダニー・グローヴァー)は、
高層ビルの爆弾処理に失敗しビルは粉々に
巡査に格下げになってしまいました。

r-4.jpg

その頃、警察に押収された武器が、
何者かの手によって町中に流出する事件が起きていました。

パトロール中輸送員に変装した強盗を逮捕しますが
取調室で何者かに殺されてしまいます。

その犯人が判明しますが、あと一歩で
取り逃がしてしまいます。

ある日、
若者の麻薬の取引現場を発見したリッグスは
逮捕を試みますが、小銃で乱射に遭います。
マータフが犯人を射殺しましたが、
実はそれは息子の友達だったのです。
ショックを受けたマータフは捜査から離れます。

r-7.jpg

内部事件調査部の女刑事ローナ・コール(レネ・ルッソ)も
事件を追っていて二人には非協力的でしたが
マータフの件もありリッグスに協力します。

r-6.jpg

そして、未成年の銃事件と取調室で殺害された男を
調べるうちにある人物が浮かびあがったのでした。

r-10.jpg




個人的には2が一番好きです。


アメリカの大都市の警察は汚職やスキャンダル、

不祥事が多いことで知られていますが

中でもロス市警は悪名高いらしく

「リーサル・ウェポン」の様に

ロス市警の刑事が活躍する映画は

珍しいということです。



そう言えば、「ダイ・ハード」はNY市警

「ダーティ・ハリー」はサンフランシスコ

「フレンチ・コネクション」もNY



DVDはリーサル・ウェポン1  リーサル・ウェポン2  リーサル・ウェポン3




posted by アリス at 16:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 本日の映画鑑賞 ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。