2009年04月21日

サタデ−・ナイト・フィーバー(1977)

ちょっと懐かしい1970年代シリーズ

サタデ−・ナイト・フィーバー(1977)



出演

ジョン・トラボルタ
カレン・リン・ゴーニイ


ニューヨークブルックリンのペンキ屋で働くトニー(ジョン・トラボルタ)は、

土曜日の夜にディスコで踊り明かすことだけが生き甲斐だった。

ある日、ディスコで年上の女性ステファニー(カレン・リン・ゴーニイ)に出会う。

satday.JPG

ブルックリン橋でマンハッタン島を見ながら

いつかあちら側へ行くことを夢見ます。



ディスコ、今はなんて言うのクラブ?それも古いのかしら

おばさんにはわかりませんが

まさに私の時代はディスコでした。

将来への夢や希望なども別になく

何となく毎日を過ごしていた自分を思い出します。

ステファニーはちょっと嫌な女ですが

何かを目標に目指して生きていくのは

とても大事な事なんですよ。


主人公のトニーの部屋に「ロッキー」のポスターが

貼ってあるのが印象てきでした。









posted by アリス at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の映画鑑賞 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。