2009年04月17日

スティング(1973)

スティング(1973)                    DVD情報




出演

ポール・ニューマン
ロバート・レッドフォード



sting.JPG

1930年代、シカゴ

詐欺師のフッカー(ロバート・レッドフォード)と

ゴンドルフ(ポール・ニューマン)は仲間の復讐の為に

ニューヨークの大親分に大がかりな詐欺をしかける計画をする。

sting2.JPG




最近80年代の映画紹介が多かったのですが

70年代はハッピーエンドで何かなかったかしらと考えてました。

ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードと言えば

「明日に向かって撃て」しか浮かばず

でもあれはめでたしじゃないし・・・


いやだ、こんな名作忘れていたなんて

第46回 アカデミー賞作品賞受賞作品です。


sting3.JPG






posted by アリス at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 本日の映画鑑賞 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

ショートサーキット(1986)

ショートサーキット(1986)                    DVD情報




出演

スティーヴ・グッテンバーグ
アリー・シーディ
フィッシャー・スティーヴンス



軍事用に開発されたロボットが落雷によってショート

感情をもつようになり基地から脱走する。

軍は危険と判断しロボットに破壊命令が出る。

short.JPG

ロボットはナンバー5

軍から逃げる途中でスティファニー(アリー・シーディ)に出会う

スティファニーは探しにきた開発者の

クロスビー博士(スティーヴ・グッテンバーグ)と

べン・ヤビタヤ博士(フィッシャー・スティーヴンス)に

ナンバー5には人間と同じように感情があることを説明するが

信じてもらえない

そして、一晩中ナンバー5と話し

クロスビー博士もナンバー5に感情があることを認めるのだった。

short3.JPG

しかし、軍がナンバー5を破壊しにやってくる。



昨年公開の「ウォーリー」に似てます。

まるで親子みたい、これを参考にしているのかしら


日本のロボット技術も軍事目的に使用される危険性があるとか

先日ニュースでやっていました。

ナンバー5が命の尊さを学んでいく様子を見て

上の方にいる方は考えてほしいものですね。



この作品続編を制作されました。

続編はべン・ヤビタヤ博士(フィッシャー・スティーヴンス)が

主人公です。







posted by アリス at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の映画鑑賞 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

ザ・バンク 堕ちた巨像(2009)

ザ・バンク 堕ちた巨像(2009)

オフィシャルサイト



出演

クライヴ・オーウェン
ナオミ・ワッツ


インターポール捜査官のサリンジャー(クライヴ・オーウェン)は、

ニューヨーク検事局のエレノア(ナオミ・ワッツ)と共に、

国際メガバンクのIBBC銀行の捜査を続けていた。

内部告発をしようとした銀行幹部との接触のために

ベルリンを訪れたが、同僚を目の前で殺され、

また告発者も事故死に見せかけて殺されてしまう。

証言を得るためミラノを訪れたサリンジャーとエレノアは、

軍事メーカーの社長から銀行が武器取引に関与していることを聞きだすが

その社長も暗殺されてしまう。


bank.JPG




メガバンクに立ち向かう一人の捜査官

そして・・・

正義は必ず勝つを信じて最後まで観ていましたが

え〜これで終わりなのぉ!が感想です。



ハッピーエンドの映画を観にいったつもりでしたが

微妙ですね〜

悪人は確かにいなくなるのですが

結局は何も変わらないさとその悪人が言うのです。

そう、何もなかったようにね。


消化不良。







posted by アリス at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の映画鑑賞 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。