2009年04月10日

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008)

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008)



出演

市原隼人
佐々木蔵之介
竹中直人
麻生久美子


7-3.JPG

とある田舎町

ママチャリ(市原隼人)、

女の子みたいな外見のジェミー(冨浦智嗣)、

武闘派でエロ担当の不良リーゼントの西条くん(石田卓也)、

開業医の長男で恋愛担当のグレート井上(賀来賢人)たち7人の高校生と

近所の駐在さん(佐々木蔵之介)とのイタズラ戦争が勃発していた。

7-5.JPG

2006年3月から、一般ブログ中のエッセイとして書かれた

同タイトルの作品が、同年7月よりFC2ブログにて独立公開され

それを原作にした映画です。


1970年代の高校生を主人公にした物語で

フィクションもありとのことです。

ジャスト自分の学生時代ということで

バックに流れる音楽や、途中で入るその頃流行したCMなど

懐かしさいっぱいで観ました。

7.JPG

あの頃はやっぱり今よりも皆が優しかったよね。


ぼくちゅう『悪戯の定義』

1 相手に怪我を負わせてはならない
2 しかけられた相手も笑えなくてはならない
3 相手が弱者であってはならない
4 償いができないものは悪戯ではない


posted by アリス at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の映画鑑賞 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

ぼくの美しい人だから(1990)

ぼくの美しい人だから(1990)



出演

スーザン・サランドン
ジェームズ・スペイダー


エリート広告マンのマックス・バロン(ジェームズ・スペイダー)は

ある日、親友の婚前パーティーのため、ハンバーガーを買うが

数が足りないことに気づき、クレームを言いにハンバーガーショップへ行く。

そこでノラ(スーザン・サランドン)は働いていた。

bokunoutsukushii.jpg

その夜、マックスはバーでノラに再会し、死んだ妻の話、

やはり亡くなったノラの息子の話などをした後、

無理矢理ノラの家まで車で送らされた。

部屋へ入ったマックスは無意識の内にノラと関係してしまう。


そして、最初は体の関係だけだった二人も本当の愛情を感じ始め
恋人同士となるが

二人の年齢差、生活の違いからノラはマックスの前から

姿を消すのだった。




この映画、現在のDVDのジャケットはB級のアダルト映画の

様になってしまって、とても残念です。

以前は大人の恋愛映画といった落ち着いた雰囲気で素敵でしたよ。


love1.jpg

以前のDVDジャケットに使われいた写真です。



当時、かなり年下の人とお付き合いをしていたので

この映画の結末は自分の事のように嬉しかったです。






posted by アリス at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の映画鑑賞 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

ベスト・キッド(1984)

13290.jpg

ベスト・キッド(1984)



出演

ラルフ・マッチオ
ノリユキ・パット・モリタ
エリザベス・シュー


ダニエル(ラルフ・マッチオ)は親の都合により転校することになり

ニュージャージーからカリフォルニアに引っ越してきた。

新たな友達もでき、アリ(エリザベス・シュー)という少女とも

仲良くなる。

それに嫉妬したアリの元彼で空手家のジョニーが

ダニエルを空手で痛めつけてしまう。

それ以来ジョニーとその空手仲間から壮絶なイジメに

あうようになってしまった。

そんな中アリとマンションの管理人ミヤギ(ノリユキ・パット・モリタ)だけが

ダニエルに優しく接する。

あるハロウィンパーティの夜、

ダニエルはジョニーらに仕返しを試みるが

逆に袋叩きにあってしまう、その時誰かがダニエルを助けた

それはミヤギで、ミヤギは空手の達人だったのだ。

karate.JPG

ミヤギと共にジョニー達の道場へ行き

決着は選手権でということになる。

ダニエルの空手の稽古が始まった。

karate2.JPG

そしてとうとう、大会当日がやってくる。

karate3.JPG



この年はノリユキ・パット・モリタがアカデミー賞の助演男優賞に

ノミネートされましたが

受賞したのは「キリング・フィールド」のハイン・S・ニョールでした。


1980年代は本当に明るい年だったんでしょうね。

だって普通ここまでイジメられたら

今の映画なら間違いなくダニエルは自殺している。


どんなに殴られても翌日はちゃんと学校も行くし

登校拒否になるどころか仕返しをしようなんて思ったり

反対にめちゃくちゃやられちゃうけど

最後は強くなってやっつけちゃうなんて

この何とも言えない能天気な展開。



この作品が公開された当時は何とも思わなかったのに

今見るとダニエルの精神力ってすごいんだもん。

こんなに強い男の子はそうそういないでょ


もしも、今死んでしまいたいと思っている人がいたら

とりあえずこれを観てみてと言いますね。


現実はこうはいかないけど、これもありかもって思うかもしれませんよ。




もっと観たい方はこちら




posted by アリス at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の映画鑑賞 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。