2009年03月05日

ベン・ハー(1959)−後編−


旅の途中、アラブの族長イルデリム と出会います。
自分の馬を調教してくれと頼まれますが
ベンハーは旅の途中だからとその時は断ります。
ven-10.jpg


そして、メッサラと再会、母と妹を戻せば
今までの事はすべて忘れてやると告げます。
v-8.jpg


しかし、母と妹は長い牢獄生活の果て
業病になってしまっていました。
牢を出され業病の谷へ行く途中母娘は家へ寄り
エスターに自分たちは亡くなった事にしてくれと頼みます。

ベンハーはメッサラへの復習の為に族長イルデリムの馬で
戦車競技に出場します。
v-6.jpg


ベンハーは見事に優勝、メッサラは瀕死の重傷となりますが
母と妹は業病の谷で生きている事を告げ息を引き取ります。
v-5.jpg


母と妹を谷から連れ出しました。
v-4.jpg


その時ちょうどある方の処刑の場に遭遇します。
v-3.jpg


その人はガレー船に送られる途中で
ベンハーに水をくれた方でした。
処刑されるというのに
とても穏やかな表情をしていた事に
ベンハーの憎しみの気持ちもすっかりなくなっていたのでした。
v-2.jpg


奇跡が起こり、母と妹はすっかり元通りになったのです。
v-1.jpg





DVDはこちら  原作はこちら  音楽はこちら


posted by アリス at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の映画鑑賞 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

ベン・ハー(1959)−前編−

先日、第81回アカデミー賞が発表されましたが

過去最多受賞は11部門で

「ベン・ハー」「タイタニック」「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」の3作品

ただ、個人的には同じ11部門でも、「ベン・ハー」と他の2作品は

格が違うと思います。


ベン・ハー(1959)          

出演
チャールトン・ヘストン
ジャック・ホーキンス
スティーブン・ボイド
ハヤ・ハラリート
ヒュー・グリフィス

監督
ウィリアム・ワイラー

第32回 アカデミー賞
作品賞 、監督賞、主演男優賞 、助演男優賞、美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞
編集賞 、劇映画音楽賞、音響賞、視覚効果賞




オープングのこの画面は5分以上ありますが早送りしないで下さい。
音楽が素晴らしいです。
b-10.jpg
     

西暦1世紀の初め、ユダヤがローマ帝国の支配下にあった頃の話。
ユダヤの都エルサレムにローマ駐屯軍の新将校が着任、
メッセラ(スティーブン・ボイド)です。
彼はこの地の豪族の息子で幼馴染のベン・ハー(チャールトン・ヘストン)と再会します。
b-7.jpg


ベンハー家につかえるサイモニデスの娘エスター、結婚の許しをもらいます。
b-11.jpg


ある事件がきっかけでベンハー一家はローマへの反逆罪に問われます。
b-12.jpg


ガレー船送りとなったベンハーは途中ある人と出会います。
b-14.jpg


ある日司令官アリアスが着任します。
ローマ艦隊が海賊船団と戦った際司令官アリウスを救います。
b-2.jpg


アリウスを救ったことにより恩赦を受け、ベンハーは自由の身となり
再びエルサレムへと向かったのでした。
b-3.jpg
      



DVDはこちら  原作はこちら  音楽はこちら


posted by アリス at 20:01| Comment(0) | 本日の映画鑑賞 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。